創立30周年記念ページ


30周年バナー




日新システムズの沿革
「創立30周年を迎えて」

当社はステークホルダーの皆様に支えられ、お蔭様でこの7月2日に創立30周年を迎えます。
幾多の試練を乗り越えこの日を迎えることが出来ましたのも、偏に当社のサービス、各種の商品をご愛顧いただいたお客様、また、お客様のご期待にお応えできる信頼を築き、正道を柱とした経営に尽力して来られた当社の先輩諸兄、そして事業運営に際しご支援、ご指導をいただきました日新電機ならびにグループ各社、皆々様のご厚情の賜物であり深く感謝申し上げる次第です。

当社は、1984年7月2日に日新電機100%資本の下、株式会社日新システムズとして制御系ソフトウェアの受託開発を主たる事業とし創業開始しました。当初10年間は日新電機が受注したビルや高速道路、下水処理場などの監視制御システムのソフトウェア開発を中心に、日新電機の業容拡大と共に当社も順調に成長を遂げてまいりました。しかしながら、バブル経済の崩壊と共に日新電機からの受注量が減少傾向になり、親会社依存型から独立路線を選択せざるを得なくなりました。
そして1998年には更なる飛躍を目指して、日新電機ELNIS事業部から現事業の基となるネットワーク事業とライセンス事業とを授受し、新生『日新システムズ』として新たな出発を果たし今日に至っています。

この事業授受以後も、組織再編と戦略事業への重点的人材補強などの体質改善に努める一方、営業的には他社とのビジネスアライアンスの構築などによるセールスルートの拡大、当社ブランド商品の開発による新市場への参入など、全社員一丸となり取り組んで参った結果、年商30億円規模を確保しながら、外販比率90%を超える状況にまでなりました。

市場競争が激化する昨今、当社を取り巻く環境は、今後ますます厳しさを増すものと思いますが、次の節目に向かって更なる前進を続けて行かなければなりません。当社の事業を維持拡大するために、いくつかの課題克服すなわち『変革』が必要です。
更に気を引き締め、適切な経営施策をスピーディーに打ち出すとともに、「知恵と技術と情熱」を結集し市場のご期待に添える商品・サービスのご提供に努め、社会の新しい価値を創造するユニークな企業『Smart Solution Partner』として認知いただけるよう積極的な経営を進めて行く所存でおります。

創立30周年を機に関係各位の倍旧のご指導、ご鞭撻を心からお願い申し上げる次第です。

2014年7月
株式会社日新システムズ
代表取締役社長
竹内社長サイン